銀河戦は渡辺二冠が優勝(9月29日)

○ 高崎一生 熊坂 学 ● 王座戦 一次予選
○ 近藤正和 石川陽生 ● 王座戦 一次予選
● 福崎文吾 矢倉規広 ○ 王座戦 一次予選
○ 窪田義行 島 朗 ● 棋聖戦 二次予選
○ 中村 修 加藤一二三 ● 朝日杯将棋オープン戦 一次予選
● 武市三郎 中川大輔 ○ 朝日杯将棋オープン戦 一次予選
○ 中川大輔 中村 修 ● 朝日杯将棋オープン戦 一次予選
● 村田智穂 植村真理 ○ 女流王位戦 予選
○ 清水市代 室谷由紀 ● 倉敷藤花 挑決
● 糸谷哲郎 渡辺 明 ○ 銀河戦 決勝

銀河戦は渡辺二冠が優勝。糸谷五段には過去のNHK杯戦でコロリと負かされていたので、借りをキッチリ返した感じか。糸谷五段は新人王戦の優勝以来、NHK杯の準優勝が2回、今回の銀河戦の準優勝が1回と惜しいところが続いています。

女流棋戦では倉敷藤花の挑戦権を清水女流が獲得。関西の室谷女流は今期高勝率を誇っていましたが、やっぱり格が違いましたか。女流は清水・里見の二強のトップとそのほかの二番手グループの差が男性よりも大きい気がします。